市川市・船橋市で、朝日新聞 日経新聞 朝日小学生新聞 日刊スポーツ等、各種新聞のご購読 折込み チラシ 雑誌 書籍 週刊誌のお問合せは当店まで!

ASA中山

Presented by モーニングハウスなかやま
【住所】272-0812千葉県市川市若宮3-1-7
TEL:047-335-0603 FAX:047-333-3957

HOME > お勧めの一冊 > 完全保存版「ドキュメント新天皇誕生」

お勧めの一冊

ドキュメント
新天皇誕生

  ★★★ 5月15日発売 ★★★

令和の幕開けを総力取材

定価:1,300円(税込)

お手元までお届け致します。お支払いは購読料と一緒でもOK!

 AERA編集部は、5月15日にAERA増刊「ドキュメント新天皇誕生」を緊急発売!

 巻頭グラビアでは、退位と即位の儀式から5月4日に行われた一般参賀まで、一連の行事を収録。

 私たちが初めて体験した4月30日「天皇の生前退位」と5月1日「新天皇の即位」をめぐる2日間は、どこで、何が起きるのか……。記者たちが、皇居前、渋谷のスクランブル交差点、天皇ご一家ゆかりの地など列島各地を飛び回り、特別な2日間を取材。ワイドな誌面をいかした写真で、各地の空気感までをお届けします。

 さらに、朝日新聞やAERAがこれまでに報じてきた膨大な皇室関連記事の中から、新天皇、新皇后両陛下の幼少期からこれまでを知る手がかりとなる写真と記事をピックアップ。

 上皇、上皇后両陛下がいかに3人のお子さまたちをはぐくんだのか、その愛情を受けた新天皇陛下がどんな青年に育ったのか、新皇后雅子さまの登場がどれほど世の中を明るくしたのか、そして皇太子ご一家が何に苦しんできたのかを子細にたどりました。

 新天皇と新皇后雅子さま、愛子さま、そして皇嗣家となる秋篠宮ご一家を含む「新しい天皇家」の歩みとこれからを、朝日新聞やAERAの記事と写真で綴る、平成から令和という時代の転換点を閉じ込めた「永久保存版」です。

 是非お買い求めください

グラビア

新時代の幕開け
厳かに晴れやかに

即位後朝見の儀・一般参賀
おことば 全文

日本列島縦断ドキュメント

拍手と歓声
そして誓いのキス

国際感覚生かし 柔軟に変化して

「令和流」は神でも良妻賢母でもない
特別インタビュー 放送大学教授・原 武史さん

1960 - 1983 | 愛に包まれて

浩宮さま誕生 愛称はナルちゃん
両親の手元でのびやかにおおらかに

1983 - 1993 | 広い世界へ

英国留学で「自立」した
当時から口にした「国民の中に入っていく皇室」

1993 - 2002 | 初恋を貫く

雅子さまとの婚約に沸く
5年の空白を乗り越えて鴨場でプロポーズ

1993 - 2002 | 新しい家族

ご結婚 そして愛子さま誕生
重圧に耐え抱いたわが子「こんなにかわいいものか」

2003 - 2016 | 支え合う日々

ご家族の絆が深まった
雅子さまの長期療養「しっかり支えたい」

2016 - 2019 | 皇室新時代

バトンはついに手渡された
皇太子さまは「国民と苦楽を共に」

秋篠宮さま

「試行錯誤」に込めた覚悟
ご一家でフットワーク軽く

記憶に残るお二人の言葉

婚約会見
雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから
93年1月19日 婚約決定後の記者会見全文

誕生会見
生まれてきてありがとう
いまは大変なお父さまっ子
02年4月2日 愛子さま誕生後の記者会見全文

人物ノンフィクション 現代の肖像

徳仁親王
悩めるプリンス、44歳の暑い夏 (2004年)

雅子妃殿下
苦悩のプリンセスが歩む道 (2006年)

天皇陛下と皇后雅子さまへの思い

お二人には壁がない
自分らしく羽ばたいて

  • 天皇陛下のご学友 立花眞
  • 雅子さまのご学友 土地陽子
  • 国文学研究資料館長 ロバート・キャンベル
  • 政治学者 白井 聡
  • 漫画家・コラムニスト 辛酸なめ子

平成30年間の「家族の肖像」

歳月の流れと新しい命の息吹と

時代と歩む皇室

昭和から平成 そして令和へ

号外に刻まれたお二人の歩み

婚約内定・結婚 愛子さま誕生

退位礼正殿の儀

おことば 全文

特別付録

朝日新聞号外「新元号は令和」
 特別付録として、朝日新聞号外「新元号は令和」も綴じ込みます。

 この号外は、新元号が発表された直後に朝日新聞社が配布したもので、4月1日午後に、沖縄を除く46都道府県の主要駅周辺など、全国130カ所余りで配布されました。発行部数は約20万。この号外の配布が始まると、都心部を中心に多くの人が集まって手を伸ばし、一時騒然となったところもありました。

 4ページのカラーの号外で、一面には「令和」の文字を掲げる菅義偉官房長官の写真。開くと、新天皇・新皇后となる皇太子ご夫妻の歩みを追いかけた年表や、現在の皇族の方々の一覧、これまでに使われた元号一覧などがグラフィカルに掲載されています。

 手にすることができなかった方々からの「記念に欲しい」という声を受けて、今回、号外の増刷が実現しました。

お手元までお届け致します。お支払は購読料と一緒でもOK!


LinkIconお申込みはこちら!